ごあいさつ

greeting

私が絵を描き始めたのは2013年2月からになります。
「Happy」と言う映画を見た時「私がHappyという絵を描いたらどんな感じなんだろう」と思って、
朝起きる時のまどろみの状態で見えた映像を
メモして絵に描き起こしていました。

それから間もなくして大天使ラジエルから
メッセージが来たのです。
「神聖幾何学の絵を描き、
大勢の人に観てもらいなさい。」
と偶然にもその場にあったコンパスや
ボールペン使って絵を描き始めました。
描くことが楽しくて楽しくて
ほとんど一日中描いていました。
9ヵ月後には小さいサイズでしたが
100点以上の作品があり、ある方のプロデュースで
個展を開くことになりました。
その後年に1度の予定の個展がどんどん増えていき、
2019年には第22回目の個展を開催しました。
そして、個展の度に「神聖幾何学の絵を習いたい」
とのお言葉を大勢の方から頂くようになり、
今年からスクールを開くことを決め、
名前も「神聖幾何学アート」から
Happy Reading Art(ハッピーリーディングアート)、
略してハレアートに
変更することにしました。

「ハッピーリーディングアート」に込めた思いは、
私が大事にしていることが豊かさと幸せと自由」であり、
神様や天使、マスターなどとの繋がりであるからです。
神聖幾何学の絵を描くことは
本当に素晴らしいことだと実感しています。
楽しんで波動がアップしたら最高ですよね。
そんな幸せな人が世の中に増えたら
どうなるでしょうか?ワクワクして来ます。
そんな幸せな人になるお手伝いが出来たら
素晴らしいなぁ。と思っています。
神聖幾何学の絵を描くことで、
幸せな方が日本中に世界中に
どんどん広がっていくことが私の社会貢献に、
皆様にとっても社会貢献に
なるのではないかと思っています。

私も皆様と共に波動を益々UPさせ、
多くの方々と交わり、平和な世界を一緒に作りましょう。

神聖幾何学とは  about

神聖幾何学とは

比率、数列、対称性などを用いて神秘的で調和の取れた形を生み出す幾何学模様。その形は心地の良いだけではなく、宇宙のより大きなエネルギーと結びついている。最も有名なものが黄金比であり、もう一つはフィボナッチ数列。ありのまみが大天使ラジエルから言われた「神聖幾何学」の意味は、「古代叡智を開く鍵」でした。
それは文字通りの古代の叡智もありますが、私たち自身の前世から得た叡智も含まれています。ただ私たちはそれを覚えていないのです。その知識の扉を開く鍵でもあると思います。

神聖幾何学とは
代表 ありのまみ

代表プロフィール  profile

神聖幾何学とは

日本ハレアートクラブ 代表
ありの まみ  Mami Arino

2000年よりヒプノセラピストとして活動開始。2012年にオリジナルのソウルサウンドセラピーが天使と聖母マリア様のお力をお借りして誕生。2013年2月より突然絵を描き始める。その後瞑想中に大天使ラジエルより「神聖幾何学の絵を描いて多くの人に観てもらいなさい」との啓示をうけ、それを「使命」として作品を発表し、各地で個展·個人セッションを開催している。 2017年2月で神聖幾何学の絵を描き始めてから4年が経ち、神聖幾何学の絵を描く事で波動がアップすることが分かりました。
これは描ける人が増えると幸せな人々が増えるのではないかと思い、以前から頂いていた「絵を習いたい」というお声に応えるように、スクールを開催。
「神聖幾何学アート」という名称も、『Happy Reading Art(ハッピーリーディングアート)』、略してハレアートと改名し、『日本ハレアートクラブ』の設立に至る。

講座のお申し込みは
コチラからどうぞ | 日本ハレアートクラブ【JHAC】-神聖幾何学ハレアート
イベント・展覧会
今後の予定 | 日本ハレアートクラブ【JHAC】-神聖幾何学ハレアート